北朝鮮の歴史

【朝鮮半島分裂】

日本「戦争負けたンゴ。朝鮮半島から撤退するンゴ」

朝鮮の人々「やったああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!ここは俺たちの国だ!!!!ざまぁみろ!!!!!!!!!!!!!!!!!」

ソ連「ん?朝鮮半島の北側はソ連が占領するぞ」

アメリカ「南はアメリカなwwwwww」

朝鮮の人々「ふぁっ( ゚Д゚)」

ソ連&アメリカ「大丈夫大丈夫!すぐに統一させるからww」

第二次世界大戦後、朝鮮半島から日本が撤退すると北緯38度より北をソ連が、南をアメリカが信託統治(朝鮮は貧しいため大国の二つがしばらく面倒を見ること)を始めました。このときは、1947年の選挙で南北朝鮮を統一させるつもりでした

【統一したくないソ連】

ソ連「ん~せっかく俺様の都合のいい国ができそうなのにこのまま手放すのはもったいないなぁ~(。-`ω-)」

ソ連「あ!ねぇ金日成君!君の国がほしいと思わないかい?」

1947年に統一する予定の朝鮮半島でしたが、ソ連は、自身の手ごまとなる共産主義の国を欲していました。そのため、1946年の2月に委員長を金日成とした北朝鮮臨時人員委員会を発足しました。そのような亀裂があったため、1946年一月に設立した共同委員会は同年の5月に決裂。朝鮮半島統一の信託統治案は頓挫しました。

【金日成ってだれ】

金日成「俺の名前は金日成!!」

金日成「日本軍と10万回戦って全勝した男や!!!!!」

金日成「18歳のときから南満州で初陣を飾って日本人と闘ってきてからな!!」

金日成「満州は日本の関東軍に弾圧されてしまうけどな・・・あっ!日本人に負けたわけではないぞ!!!!!」

金日成「そのあとは日本と闘うためにソ連に向かったんや!そこで大尉となったやで!」

金日成「まぁ、日本軍と戦う前に終戦してしまうんやけどな・・」

金日成「でも、そんな俺がひょんなことから北朝鮮臨時人員委員会の委員長に選ばれちまったんだ!!!」

金日成「どうなる??俺の未来!!!!!!!!!!!!!!!!!」

金日成は18歳の時に南満州の抗日遊撃隊に参加して、日本人と闘っていました。しかし、満州は結局日本に併合されてしまい、金日成は日本と闘うためにソ連に向かいました。このとき、ソ連は日本と闘うために日本と闘ったことがある朝鮮人や中国人を迎え入れていたのです。ソ連で金日成は大尉となりますが、第二次世界大戦は終戦となり、日本と闘うことはありませんでした。しかし、北朝鮮の公式の文書で、金日成は「日本に10万回勝った」と記述されています。13年間で10万回なので、一日20戦以上しなければならないのですが、すごいですね(笑) そんな金日成はソ連に選ばれて、北朝鮮臨時人員委員会の委員長に選ばれました。

【北朝鮮誕生】

ソ連「反対反対!絶対反対!!!!!」

国連「ん~それなら南だけで選挙やっときますかww」

韓国「大韓民国成立やで~(#^.^#)」

金日成「俺らも負けられない!!朝鮮民主主義人民共和国建国や!!!」

ソ連が統一選挙を拒否していたため、国連は仕方なく南だけで選挙を行いました。結果、1948年8月に大韓民国が南で建立。同年の9月に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が北で誕生しました。金日成は社会主義政策を北朝鮮で進めていきます

北朝鮮の歴史2

koukoku 4tume
mokuji

目次へ

おすすめの記事へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*