【伝記シリーズ】ドナルド・トランプ(2)

【不動産王】

トランプ「トランプタワー完成や(#^.^#)」

トランプ「まだまだあるで!!」

トランプ「トランプ・プラザ( ^)o(^ )」

トランプ「さらに!!トランプ・マリーナも(*^。^*)」

トランプ「ホテルもビルもカジノもトランプ印や!!!」

トランプ「不動産王に!!!おれは!!!!!!なった!!!!!!!!!!!」

1980年代にはロナルド・レーガン政権による景気回復によってドナルドは「不動産王」と呼ばれるほど大成功を収めていました。自己顕示欲の強いトランプはたびたびメディアにも顔をだし、自分の手がけた建物に自身の名をつけていきました。

【トランプ政界進出!?】

トランプ「レーガンの対外政策気に入らんわ。」

トランプ「批判するか。新聞社に金払って広告だすやで」

民「おっ(;・∀・)もしかしたらトランプ大統領もありえるんちゃうwwwww」

トランプ「いやいや、ビジネスと政治は違うから政治家にはならんよww」

八十年の後半にトランプは10万ドルの資産を新聞社にばらまきレーガンの対外政策を批判しました。このような動きからトランプの政界進出は噂されていましたが、「当時はビジネスと政治は別物で自分が向いてるとは限らないし私は政治家と違ってハッキリとものをいうから向いてないと思う」と言い、政界進出を否定しました。しかし、1987年には共和党に入党しました。実際、トランプは歴代大統領と交流があり、カーターやレーガン、さらにはビル・クリントン夫妻ともゴルフ仲間だったそうです。当時のヒラリーとトランプは仲が良かったそうですよ。

 

【崩れだすトランプタワー】

トランプ「あ~~~人生って余裕やな」

トランプ「おれが触ったものはぜ~~~んぶ金に変わるんや~~」

トランプ「ふぁっ( ゚Д゚)メディアが浮気とイウァーナとの離婚のことで騒ぎ出したで( ゚Д゚)」

トランプ「そのせいで開発中のカジノ、タージマハルに集中できひんやんけ( ゚Д゚)」

トランプ「えっ( ゚Д゚)、環境保護の偽善者どものせいで大金払ったプロジェクトとりやめ!?( ゚Д゚)」

トランプ「あっ投資失敗した( ゚Д゚)」

トランプ「え、このタイミングで不動産市場崩壊( ゚Д゚)」

トランプ「さらに湾岸戦争!?( ゚Д゚)」

銀行「92億ドルの借金になります(#^.^#)頑張って返せよ(#^.^#)」

トランプ「くっそわろたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

1988年から1990年代の初頭にかけて、トランプの築き上げてきたものはカードのトランプタワーに風が吹いたように崩れていきました。1980年代に絶好調だった1980年代後半から事業に対して集中力をなくしていました。それが災いとなり、浮気をし、投資やプロジェクトもたびたび失敗。さらに、運が悪いことに不動産市場が崩壊し、湾岸戦争勃発でカジノやホテルの売り上げは激減しました。1990年初頭には「不動産王」だったトランプは92億ドルの負債を抱えたのです。

【うわっすごい!】

 

プルプルプルプルプルプル

トランプ「なんか別れた妻から電話きたで(゜゜)慰めの電話かな・・・」

ガチャ

トランプ「もしもしイバーナ。 How are you??」

イバーナ「お金ちょうだい」

トランプ「えっ!?」

イバーナ「例の慰謝料!今、欲しいの!慰謝料だけで我慢してあげるから!1000万ドル小切手で送っといて!」

ツーツーツー

トランプ「・・・・・・・・・( ゚Д゚)」

トランプ「うわ、すごい!」

1991年3月26日、トランプは一人でオフィスにいました。静けさに満ちていたオフィスに別れた妻イバーナからの電話が来ました。最初は慰めの電話かなと思ったトランプでしたが、驚くような内容でした。イバーナはトランプが破産する前にトランプからお金を取ろうと1000万ドルの慰謝料を今すぐ払うように要求してきたのです。後に、この元妻からの予想外の電話に対してトランプは「「うわ、すごい」と思った」と語っています。

【世界一貧乏な男】

 

トランプ「あれが誰だか知ってるか?」(飽食者を指して)

マーラ「飽食者ね。あまりひどくはないけど悲しそうに見えるわ。」

トランプ「そのとおり!あの人は飽食や!でもあの人はわいより9億ドルくらい金持ちやwww」

マーラ「自虐ネタええってwwwwww」

1993年のある日、二番目の妻マーラとデートをしているとき、トランプは飽食者に対して「彼は自分より9億ドル金持ちだ」と言いました。飽食者の資産は2.3ドルかもしれないが、トランプの資産はマイナス9億ドルだったからです。このころのトランプは「世界一貧乏な男」でした。

ドナルド・トランプ3

koukoku 4tume
mokuji

目次へ

おすすめの記事へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*